HOME > 生徒の合格体験記 > 2020年度:合格体験記 > 2020年度合格体験記 坂本翠さん(福岡女子高校卒/再受験)

生徒の合格体験記

< 2015年度合格体験記 西原慎二郎さん(2007年東明館高校卒)  |  一覧へ戻る

2020年度合格体験記 坂本翠さん(福岡女子高校卒/再受験)

近畿大学(医) 進学、帝京大学(医)合格

 私は社会人として14年働いた後、医学部受験を決意しました。受験勉強から長年離れていたことに加え、高校では普通科でなかったこともあり、数学II Bと数学Ⅲ、化学基礎・化学、日本史Bは未履修、数学I A、生物、英語、国語も受験レベルには全く達していない状況からのスタートでした。この状態では大手予備校の集団授業には全くついていくことができないだろうと考え、個別指導の予備校をインターネットで探していたところ、『受験の微積』を知りました。私の学力的な状況や医学部受験を決意した動機などを全てお話したところ、快く引き受けて頂き、入校することとなりました。

 結果として、『受験の微積』に入校して医学部から合格を頂くまでには、3年かかりました。その間『受験の微積』では、数学(出口純一先生、本岡輝己先生、五藤勝己先生)、化学(八田伸一先生、松下和子先生)を週1回、生物(小宮竹史先生)を隔週1回、英語(津田拓哉先生)を1年目の半年間週1回受講しました。国語と日本史は基本的に自学でしたが、国語は青木新吾先生、日本史は竹内良簡先生にアドバイスをしていただき、先生方が示してくださった学習到達目標に沿って勉強を進めました。

 1年目、文系科目は模試やセンター本試験でそこそこの成績が取れましたが、理系科目(数学、化学)は歯が立たずに終わりました。

 2年目、文系科目は一年目よりも得点できるようになり、化学も一年目よりも格段に理解できるようになりましたが、数学は伸び悩み、合格を頂くことはできませんでした。

 3年目、どういう結果であっても受験勉強を終えると決意し、私立大学を含めて志望校を増やすことにしました。学習面では、化学は2年目よりも安定して得点できるようになり、数学も成績としては十分ではないものの、ダメージを最小限にして他の科目でカバーできる程度にはできるようになりました。

 この状態で受験に臨み、私立大学医学部2校、私立大学獣医学部2校から合格を頂くことができました。

 この3年間は毎日、開校している時間帯は、授業以外の時間を全て自習にあて、主に理系科目を勉強し、帰宅してから得意科目であった文系科目を勉強していました。毎日12〜14時間勉強しました。今まできちんと勉強したことがなかった分野を学習するのはとても楽しかったですが、受験生である期間が長くなるほど私の最も不得意分野である数学に費やす時間が長くならざるを得ず、精神的には3年目が一番辛かったように思います。

 そんな中でしたが、『受験の微積』ではいろいろなサポートをして頂きました。1年目は理系、文系のどちらも小テストや模試の演習をたくさんさせて頂きました。また3年間を通して、模試の成績を診ながらその時に私に足りない部分を補って下さる先生方を推薦いただき、勉強を続けることができました。受験期は、受験のことだけに集中できるように受験の際のホテルを手配していただいたり、会場まで引率していただいたりすることもできます。自習室は大手予備校に比べて出入りなどの自由度が高く、しかし私語をする学生はおらず、集中して学べる環境が整っています。先生方はどの先生も熱心にわかりやすく教えてくださいますし、授業時間以外でも丁寧に質問対応をしてくださいます。先生方の質は非常に高いと思います。

 受験勉強を続けて合格を勝ち取るのは、自分一人の力では難しいことだと思います。ただ予備校に所属していれば良いというものではなく、自分に合った学校を選ぶ必要があると思います。私は大手予備校にも短期間通いましたが、毎日集団授業を受けて、予習・復習に追われるより、微積の自習室を活用しながら自分のペースで勉強する方が合っていました。
『受験の微積』に所属していなければ、私はいまだに医学部に合格できていなかったと思います。『受験の微積』に通うことができて本当に良かったと思っています。

 これからは受験勉強で培った学習スタイルを維持しつつ、医学の勉強に邁進していきます。


カテゴリ:

同じ年度内の合格体験記

このページのトップへ