HOME > 生徒の合格体験記 > 2011年度:合格体験記 > 2011年度合格体験記 藤嶋さくらさん(2011年福岡雙葉高校卒)

生徒の合格体験記

< 2010年度合格体験記 浦江奈未さん(2010年東明館高校卒)  |  一覧へ戻る  |  2013年度合格体験記 山下遥子さん(2013年熊本高校卒) >

2011年度合格体験記 藤嶋さくらさん(2011年福岡雙葉高校卒)

昭和大学(医) 進学/帝京大学(医)・愛知医科大学(医) 合格

私が昭和大学医学部に合格できたのは、『受験の微・積』のお陰です。私は、クラブ活動を終了した高校1年生の秋から『受験の微・積』にお世話になりました。何としてでも医学部に現役合格したかったので、最初から私立大学医学部に的を絞って学習していました。まず始めに、担当スタッフの方と受験までの2年半の具体的な計画を立てることから始めました。


受講開始当初の私の大きな課題は、苦手としていた数学を如何に立て直すかということでした。そして化学・生物を高校3年生の夏までに漏れなく終了すること、得意である英語はもっと点数が取れることを、具体的な目標としました。数学は山門努先生と丸山俊二先生、化学は八田伸一先生、生物は田中真悟先生、英語は大川洋史先生にお世話になりました。


数学は、丸山先生に学校カリキュラムの先取り授業をして頂き、山門先生には医学部受験に対応できるようにするための実践演習をして頂きました。高校2年生の夏までは成績が伸び悩みましたが、先生方の丁寧なご指導のお陰で、着実に前進しているという実感を持てるようになり、焦ることなく勉強に取り組むことができました。高校3年生の春には、学校の定期考査や模擬試験で高得点を取れるようになり、数学に対する苦手意識を払拭することができました。夏休みからは、志望校の傾向と対策に取り組み、テスト形式で指導して頂いたり、直前期には志望校の過去問題の添削をして頂いたりしました。


化学は、現役生にとってウィークポイントになると聞いていたので、高校1年生の時からできるだけ多くの個別授業を受け、学校カリキュラムの先取りと並行して、先生オリジナルプリントを使用して入試の基礎を固めた上で受験レベルまで上げて頂きました。そのお陰で、学校の定期考査や模擬試験では高得点を維持することができるようになり、大きな自信を持つことができました。


生物は、まず自分で知識入れを行い、分からない問題や苦手な分野を集中して指導して頂き、短期で要領よく仕上げることができました。


英語は、英検準1級を取得していることから得意教科としていたため、高校3年生の夏から和訳のポイントや長文読解の際の悪い癖などを徹底分析して頂きました。そのお陰で、英語は「受験の武器」にすることができました。


『受験の微・積』は、大手予備校の先生方が一人一人の生徒に合わせて、マンツーマンで丁寧に指導して下さることが最大の魅了です。また各教科のどこに穴があるのかを的確に指摘し、そこを徹底的にフォローしてくれます。受験勉強は、学力を伸ばしていくことは勿論大切ですが、『受験の微・積』では志望校の選択や近年複雑になっている受験制度に対して的確にアドバイスするなど、受験全体のプロデュース力に優れていると思います。


現役合格をしたいのであれば、直ぐに『受験の微・積』に通われることをお勧めします。人間力豊かな先生方やスタッフの方に囲まれ、モチベーションを落とすことなく受験を最後まで戦い抜くことができたことに、深く感謝しています。本当にありがとうございました。



カテゴリ:

同じ年度内の合格体験記

このページのトップへ